書いてみる

準備が全て整ったら書いてみましょう。

まずは筆に対して馴染むことが先決となります。
筆の握った感触、
筆先を感じながら墨が紙を上を滑る感じを味わいます。

小学2年生程度までであれば、
まずは適当に筆をはしらせるだけで構わないでしょう。
5分もすれば飽いてきますので終了です。
芸事において、飽きは終了をいみするでしょう。
強制は百害あって一利なしです。素直にやめましょう。

小学3年生以上あたりから
好きな文字をとりあえず書くのがいいでしょう。
”とりあえず”ですのであまり気にする必要はありません。

いずれの場合も注意する点は、
「汚れる」ということです。
子供は派手に、大人でもそれなりに汚れます。
ですので、汚れてもいい格好でやりましょう。
汚れるのを気にしていては到底楽しむことは叶いません。
周囲に新聞紙を引いておくのも方法です。
筆の扱いに慣れていないので汚れるのは当然のことです。

(備考)気に入ったものができたら表具をしてみるのも考えです。

表具は高いと思われがちですが、
半紙程度の紙表紙であれば1000円程度から表具することは可能です。
記念にとっておくのもアリだと思います。
表具が仕上がったら、思いの外に感動すると思われます。

欧米人に比べ日本人は完璧主義傾向にあると聞きます。
楽しむことが下手だとも言われているようです。
確かにそうかもしれません。
何事も最初は下手で当たりまえなので、
下手なのを楽しむぐらいが丁度よいのかもしれません。
逆に上手になってくると上手さに苦しむことになりがちです。

何はともあれ楽しむことこそが全て原点のように思います。
続けていれば誰だって上手にはなるものです。
上手になることは結果であって目的ではないように感じます。

半紙(hansi)を用意する

筆(fude)、
墨汁(boku-zyuu)、
の用意ができたら半紙(hansi)を用意します。

半紙には表と裏があります。
購入した際に上になっている側が「表」になります。
具体的には、
指で触った時に、一方よりツルツルする側が表です。

下敷きをしき、
半紙の表側を上にして、
その上部角を文鎮でおさえます。
これで書くための準備は完成です。

蛇足ですが、
基本的に紙には表と裏があるようです。
普段みなれた上質紙、コピー用紙にも表と裏があります。
意識しませんけどね。

墨汁をいれる

筆を握ってみて感触を味わったら書く用意をします。

「墨汁をいれる」

100円程度から墨汁は売っています。
そういったもので構いません。

1.硯(suzuri)に墨汁を入れる。
2.水で薄めます。

目安がわからないのであれば、
墨汁30cc
水20cc
といった具合でどうでしょうか。

これは目安というわけではありません。
特に重要ではないということです。

たっぷり入れてしまうと
書き切るのは大変です。
最初は少しで構わないのです。
面倒であれば、
据え置き型の墨汁に直接筆を入れても構わないでしょう。

初めて、筆を握る

筆の糊が十分にとれたら、
糊のとけた水等を排水して筆を軽く絞ります。

中には、グイグイと絞るかたもいらっしゃるようですが、
毛を痛めてしまうのでやめましょう。
自分の髪の毛をシャンプーして脱水するようなイメージです。
化繊以外は動物の毛なので筆は生きてるといえます。

準備が整ったら次の段階は

「筆を握る」

にすすみます。
意外に多いのが「持ち方がわからない」という質問です。
これは写真がないとわかりづらいので後日写真を御覧ください。

筆の持ち方に関しては色々な方法論があります。

書道会に属している場合、
もしくは学校の授業で教えられた型がある場合は、
それを元にして構わないと思います。
それはあくまで一つの型ですので、間違いでも正解でもないと言えます。

筆を握ることが完全に初めてであれば、
まずは何も考えずに筆を握って下さい。
特に小さいお子さんの場合は、とりあえず握って筆で書くことに馴染むことが先決です。
最初に「ああしなさい」「こうしなさい」と決め付けてしまうと、
筆に対する姿勢が観念的になってしまい自在さが失われてしまいます。
まずは書いてみることです。

墨のついた筆の感覚。
実際に書かれた紙の上の何か。
その感覚を確かめ、
味わうことが始まりだと考えます。

大人の場合は、
これだといきなり飽きてしまうので辞書を片手に好きな字を書くのもいいように思います。
まずは筆と墨、そして紙との関係を楽しむのにとどめます。
気に入ったら表具してしまうのも手です。

まずは、思い思いに筆を握ってみましょう。

私が使用している道具

今後、私が使用している道具 についても触れていきたいと思います。

コレクションはしていませんし、
良い道具が一切ないので、その点での見るべきものはありません。(笑)

本来道具はプロにとって企業秘密のようなものです。
書家に「どのような筆で?」とか「墨は?」「紙は?」と聞いてもすんなり返事はないでしょう。
それは、
プロであれば、道具をみただけでその人の技術や、嗜好、方向性が赤裸々に語られてしまうためです。
師匠も「筆をみただけで技量から何から全てわかる」と常々語っておりました。
私のような次元では尚更見せるべきではないのでしょう。
恥さらしですから。(笑)

それでも公開する理由は、
具体性がないと伝わらないことも多いと思うためです。
また、隠すほどの腕でもないので構わないかなと。(笑)
恥ずかしながらおいおい公開してまいります。

筆たて(fude-tate)

-----------------

・筆たて
(ふでたて)
(fude-tate)
用途:筆を立てて置くための容器。
-----------------
書道(syo-do)に必ずしも必須とは言えない道具に分類されると思います。

特徴:
価格が安価で極めて実用的。
ある程度かくのであれば欲しい。文房具屋にも売っている。
筆おきとの違いは、
筆おきが一時的に横へおくためのもの道具だが、
筆たては、置いている時間が結果的にながい。
また、筆おきの装飾性に比べると、
筆たては実用的なものしか見かけない為、
コレクション性はない。
比較的近代に出来た道具ではなかろうか。

備考:
非常に重宝する道具で、
そこそこ書く人は筆を乾かなさい為に必須となる。
筆は毎回洗ったほうがいいと言うが、
頻繁に洗うのは毛にダメージとなる上、いちいち手間である。
墨がついた状態で筆たてに置くのが実用的。
しかし、長期間使わない場合はやはり洗ったほうがいい。

筆おき(fude-oki)

-----------------
・筆おき
筆置
(ふでおき)
(fude-oki)
用途:筆を置くための道具。
-----------------
書道(syo-do)に必ずしも必須とは言えない道具に分類されると思います。

特徴:
価格が非常に安いものから高いものまで豊富にある。
日本の旅先でも目にすることが少なくはない。
文鎮のように重量バランスや大きさといった気にかける要素もないため、
デザイン、材質なども多種多様でコレクション性が高い。

備考:
筆おき、筆たてを使わない場合、
多くは硯(すずり)の縁に筆をたてかけておくことが多い。
しかし、
筆が転がってしまい「作品が!!」なんて経験者は少なくないだろう。
筆が置きやすいように縁が凹んでいる硯(すずり)もある。

筆をおろす

道具が揃ったらまず初めにすること、
「筆をおろす」ことです。

方法:ためた水につけて、筆が完全にひらくまでしばらく放置して下さい。

これを行う意味は、
買ったばかりの筆をつかえる状態にするためです。

筆は購入時にカッチカチだと思います。
それは毛が傷まないよう糊で固められているためです。
鮮度の高い状態で保存しておく意図もあると思います。
糊で固められたままの筆は単なる置物のようなものですので、糊をとりましょう。

キャップをとります。
水につけます。

書道をはじめられた方によくある質問として、
「どの程度とかせばいいのですか?」というのがよくあります。
私も小2の時、最初に疑問に思ったことです。

全てとかしましょう。
(小学生以下は半分程度で構いませんが、中学生以上は全部がおすすめです)

先に書いたように、糊は筆を固定しておくためのものです。
書く際には不要なばかりか、半分だけとかして、半分は糊のままにしておくと、
毛がいたむばかりか、筆がいかされません。
また、しばらく使った後で溶かすことはできないでしょう。
糊に含んだ墨が完全に筆を固めてしまい糊がとけなくなるためです。
仮にとけたとしても、筆が痛んでしまい柔軟性を失っています。

半分とかすならいっそ短鋒という穂先(毛先)の短い筆を買ったほうがいいかもしれません。
穂先の短い筆を短鋒(たんぽう)といいます。
ただし、短鋒の筆になれると中鋒の筆を使うのが困難に感じるでしょう。
腕がたつほどに穂先が長いものが扱えるようになります。LvUPといったところでしょうか。
短鋒の逆は長峰(ちょうほう)といい、穂先(毛の部分)が長くなります。
ただ、書道はあくまで作品が全てなので必ずしも長いのが扱えるから凄いとは限らないともいえます。

先を見据えれば、「全てとかす」というのが最も無難に思います。
(小学生以下以外)

「水にどれくらいつけるの?」

「何分ぐらい水につけておけばいいのですか?」と聞く方もおります。
「筆が開いて、触った感じ柔らかくなるまで」です。
「それは何分ですか?」と食い下がったりします。
自分の「こんなもんかなー」でいいでしょう。
「水につけすぎて失敗した!!」なんてことは聞いたことがありません。
(ま、実際はつけすぎはいけませんが、それは余程です)
素で1週間とか稀にいるようですが、やめて下さい。
いい時期は筆がおしえてくれます。

穂先が開いています。

ちなみに、

筆は水につけたままおくのがベストです。
途中でユラユラ揺すったり、指で揉まないほうがいいです。
ただし、それはあくまで数万円以上する筆の話と考えて構わないでしょう。
数千円やましてや1000円の筆の場合は構わないと思います。
私だったら、ガシガシやってしまうでしょう。

ほとんど糊がとけると完全に開きます。
手で触ってみましょう。

ちっちゃいことは気にしないってところでしょうか。

(筆おろしにまつわる思い出)

ちなみに私は学校で「半分だけとかしなさい」と言われました。
半分だけとかすと書くのは確かに楽になります。
特に小学生以下は体の制御が充分に行えないため半分が無難かもしれません。

しかし、いずれは全部とかす時期が来ます。
すると「げ!全然違う!」とギョっとした記憶があります。
しばらくの間なれることがなく、また半分とかした筆を買おうかと思ったほどです。
中学生以上から初めるのであれば
全部とかしていればそれが当たり前になるので慣れるのもはやいです。

うまく書けないから嫌だと思うかもしれません。
安心して下さい。
半分しかとかさなくても、上手くはかけてませんから。
誰だってそんなものです。

水さし(mizu-sasi)

これは書道(syo-do)に特に必要じゃない道具に分類されると思う。
必ずしも必須ではない道具という意味です。
代用がきくものは一杯ありそうです。
-----------------
・水さし
水差/水指
(みずさし)
(mizu-sasi)
(米:pitcher/英:jug)
用途:水を入れておく器。
-----------------

アメリカ英語でピッチャー言われると、
野球かビアガーデンしか思い当たりません。
その辺はなんとな~く斟酌をもって受け止めてください。

そのままの意味で水をいれておく器です。
専用のものもありますが、
茶道と異なり、書道は結果(作品)がものをいう世界なので
気にならなければなんでも構いません。
私は、格下げになった急須や、
甥子が旅行へいった際に作った陶磁器のお椀に入れています。

-----------------
水を入れる理由
1.墨色(boku-syoku)
2.滲み(nizimi)
3.掠れ(kasure)
4.粘度(nen-do)
これらを調整するため。
墨をすりたい場合は必ず必要です。
-----------------

1.墨色は基本的に黒ければいいのですが、
行書や草書は濃淡が鑑賞の大きな要素になってきます。
当分の間はあまり気にしない方がよいでしょう。
他に気にしなければいけないことが山積みだからです。

日本人は薄いのが好きな方は多いようですが、
薄すぎる作品もよく見かけます。
場合によっては読めません。
薄い作品は筆路不明瞭になるので減点の対象となります。
薄さにかまけて誤魔化していることも少なくないかと思います。
薄さに酔いしれた草書は危険です。
その甘美さに技術が蔑ろにされてしまうでしょう。
いずれ書道から徐々に遠ざかった世界に入ってしまうと思います。

2.「滲み(にじみ/nizimi)」は鑑賞の重要な要因となります。
滲み調整で水を入れることことも少なくないでしょう。
しかし、あまり意図しない方がよいでしょう。
滲みは結果的に出るものです。水分を含みますから。

滲みを過度に気にすると、書の道から外れて迷子になってしまうかもしれません。
作為的になってしまいます。
それは「わざとらしさ」につながる為です。
師はよく、「鼻につく」といいます。

ドヤ顔のようなものです。
うっかり出てしまったドヤ顔は表現ですが、
意図して用意していたドヤ顔は感じ悪いだけなのと同じことのように思います。

3.掠れ(かすれ/kasure)」は行書や草書にとって重要な鑑賞要素となります。
2に同じで結果的にでるものです。
水分が足りなくなれば、結果的に筆は掠れます。
よって再び筆を墨につけます。

最初のうちは誰しも掠れを嫌う傾向になります。
掠れないように墨をやたらつけるでしょう。
それで構わないと思います。
掠れを気にする以前の問題だからです。

掠れは難しいです。
わざと掠れれば、滲みと同じで鑑賞を阻害させます。
しかし、1行目と2行目が同じ位置で同じように掠れていると、
仮に書いた本人は意図していなかったとしても、作為的に感じてしまいます。
自然観が損なわれてしまうのです。
そこは意図的に位置を外します。
その意図が見透かされると鼻につくでしょう。
なので気にしないで意図する必要が出てきます。
いずれにせよ先の話です。

4.粘度、粘土ではありません。
ネットリ感ですね。
血液と同じで、サラサラしていると筆がはしります。
はしるとは、スムースに筆が動くということです。
粘度が上がると筆に抵抗を感じます。
草書の際は抵抗感は特に気になります。
主にサボったリングが出た時に気になります。
最初はそれどころではないので気にする必要はないでしょう。

(私にしか適用されない用語)

※格下げになった急須
夏場にお茶をいれたまま放置してしまいカビが盛大に繁殖。
洗った後もお茶を飲むには躊躇われた急須。680円で購入。

※サボったリング:
硯に墨をいれたまましばく放置していたため、
水分が蒸発し水位が下がった際にできる。
毎日、もしくは定期的に書いていればこんなことは起きない。
怠け者の証。(笑)

文鎮(bun-chin)

これは書道(syo-do)に特に必要じゃない道具に分類されると思う。
必ずしも必須ではない道具という意味です。
代用がきくものは一杯ありそうです。
重くて邪魔にならなければいいので。

-----------------------
・文鎮(ぶんちん)(bun-chin)(paperweight)
-----------------------
英語に訳すと paperweight となるようだ。
用途は紙を固定する重しである。

なので、紙が動かなければ必要がないし、極端な話なんでもいい。
私は滅多に使わない。基本は夏場だけであるが、
端っこがカールしている場合に、筆置でおさえることは多々ある。

いかにも文鎮でござい、という見慣れた銀の鉄棒である必要はない。
アレのいいところは
1.邪魔になりにくい。
2.汚れが落ちやすい。
という点で優れている。
また、突然の襲撃の際、十手もどきとして戦えるかもしれない。
あれが私の足に落ちたことがあるが、
「オーーーマイゴット!!」と咆哮したことがある。
なかなかの破壊力である。

基本重ければいいので、装飾的な文鎮もよく見かける。
コレクターはいると思うし、その気持もわかる。
美しい装飾をされた文鎮は見ごたえがある。

私は300円の文鎮を20年以上使っている。
邪魔にならなければ自重のある台座つきフィギュアや、小さな熊の置物でも構わないわけだ。