鳳煌書道会(鳳煌会)とは

松里鳳煌を師範とする古典を基調とした書道会です。世界的に活躍された書家の野尻泰煌先生(2019没)が創設した泰永会(taiei-kai)の流れを組みます。2004年に師より促され開塾し、松里鳳煌は2つの会で師範資格を得ました。主たる目標は「古典に立脚した個我の発露」ですが、「実用の書」を希望される方もご指導させていただきます。

COVID-19に関する対応

お稽古の際はマスク着用をお願いいたします。当方もマスクをして対応させて頂きます。使い捨ての抗菌ウェットティッシュもありますので適宜ご利用ください。体調が悪い場合、特に熱がある場合は必ず予定を変更して下さい。体調が悪くなくてもクシャミが止まらない等ございましたら稽古の予定を変更いただければと存じます。ご希望がありましたら、その月は遠隔稽古にて対応させて頂きます。

基本情報


  • 場所:東京都杉並区西荻南
  • 最寄駅:JR西荻窪南口徒歩8分~10分
  • お問い合わせ:メニューのお問い合わせフォームにて。
  • 稽古日:(応相談)
  • 時間:14時~19時

お稽古代


子供部(小学生まで)

  • コース:初歩の書
  • 稽古回数:月1~2回迄
  • 入会金: 0円
  • 年会費:1,000円(毎年)
  • 月謝: 4,000円(毎月)

一般部(中学生以上)

  • コース:書道・日常の書・実用の書
  • 稽古回数:月1回
  • 入会金 :  0円
  • 年会費: 3,000円(毎年)
  • 月謝: 5,000円(毎月)

※お車でのご来場:事前にご連絡いただければ1台まで稽古場前に駐車出来ます。

通信部(全年齢)

対面方式ではなく、郵送、メール、公式サイト、SNS等を使った遠隔稽古になります。お弟子さんの環境に応じて、何れかの方法にて柔軟に対応いたします。詳細は利用条件を御覧ください。

コースについて


初歩の書

小学生迄については、「初歩の書」となります。筆に馴染みながら将来的にどの道へも対応できるような柔軟な指導になります。基本的に筆に如何に親しむか、手に馴染ませるかが主軸になります。作品の良し悪しによって書展への出展も可能です。ある意味では最も楽しい時期でもあります。独自の段位性も設け子供の活力を刺激します。

実用の書

実用向きのコースです。日常における実務的な筆使いを学ぶことが出来ます。「初歩の書」に近い位置づけで基本的に筆に馴染むことが中心になります。「絵手紙」や「葉書」、「のし袋」に書く小筆を使った筆文字を書くことを念頭に置いてます。古典の学書を根本的に省き筆に馴染むことが中心となり理論も必要としません。あくまでも名前等、短文を筆で書けることが主軸になります。実務的に書けるようになるのは早いですが、古典を背景にしていないこと、用筆法も一部無視するので、当会では「書道」とは分けて考えております。また、「作品」とは捉えません。そのため仕上がりの如何によらず書展への出展は出来ません。

日常の書

古典に馴染むコースです。特徴としては、このコースを続けても「実用の書」を身につけるにはかなりの時間がかかります。最終的には知らず出来るようになりますが実用向きではありません。「書道」コースへ変更が容易に可能です。様子を見て手本を提供します。日常の中で書に親しむことを中心に据えているので古典に立脚しながらも半紙を主体とします。自作を気軽に自宅へ飾ったり、親しい友人に自身の書を差し上げることも可能でしょう。希望すれば書展の出展も可能です。

書道

書における自立、古典に立脚した個我の発露を目指します。唯一、師範資格が得られるコースです。先師野尻泰煌が考えた正反合による指導法を主軸に鍛錬を続けます。「実用の書」は前提にしてません。導入部は「日常の書」と概ね同じですが、手本は一切書きません。また成長度合いにより用紙サイズも条幅からそれ以上のサイズも書いてもらいます。基本的に「書展へ出展する」ことを前提とします。

留意事項


泰永会への同時参加

鳳煌会への入会は申し出が無い限り上部組織である泰永会へも同時所属となります。メリットとしては、

  1. 泰永会が主催する年一度の発表の場である書道展「泰永書展」への出展資格を得られる。(コースによる)
  2. 泰永書展の作品集を無償で受け取れる。
  3. 泰永会が主催する不定期の会合に参加出来る。
  4. 運営する会員専用サイト「泰永会メンバーズ」の利用が可能になる。
  5. 泰永会専売の「泰煌筆」が購入出来る。

以上が挙げられます。泰永会への所属を希望しない場合はお申し出下さい。

鳳煌会で出来ること

鳳煌会のお弟子さんが出来ることを挙げておきます。

  1. 当サイトにおける弟子専用のページを閲覧出来る。
  2. 松里鳳煌が研究した古典を元に稽古が出来る。(コースによる)
  3. 2020年のCOVID-19のように個人が回避不能な不測の自体が発生した際に一般会員がネット稽古会員に近い稽古を受けられる。(稽古代は一般部として発生します。希望されない場合は発生しません。)
  4. 松里鳳煌が主宰する 学藝理論会議・皐月会 への参加資格を得られる。
  5. 当サイトに作品が展示される。(希望しない場合は掲載しない)

書:野尻泰煌