告知:第三十二回泰永書展~日露国際交流藝術展~

はじめに

所属する書道団体、泰永会の第三十二回展が今年も開催されます。11/30から12/5の6日間。平年通り芸術劇場での展示が叶いました。当方は亡き師の展示思想を受け継ぎ大小3点の作品を出展させて頂きました。諸事情あり展示会中は在席相成りませんが、よろしくお立ち寄り下さい。
鳳煌会代表 泰永会副代表 松里鳳煌

開催概要

名 称:第三十二回泰永書展~日露国際交流藝術展~
    The 32nd TAIEI Calligraphy Exhibition in Tokyo.

会 期:2021年11月30日(火)~12月5日()6日間

時 間:11時~17時(初日のみ12時から)
   ※昨年より閉場時間を1時間短縮しております。ご注意下さい。
会 場:東京芸術劇場・BF1アトリエイースト
   ※1F正面玄関エスカレーターを下りて左。
   ※池袋地下通路「2b」出口から東京芸術劇場は直通。
   ※2b出口からの場合、左手がアトリエイースト。

主 宰:相模 泰生
運 営:泰永会・国際交流展実行委員会 https://taieikai.jimdofree.com/
共 催:水墨画協会TCXC http://www.sumi-e-union.ru/
入場料:無料

内容

  1. 泰永会会員の大作と小品による書作品の展示。
  2. 水墨画協会様より交流作家の水墨画を展示。
  3. 野尻泰煌先生(2019没)の個人所蔵作から隷書数点を展示。

宣材物

第三十二回泰永書展フライヤー・裏

ご留意事項:

  • 飲食は会場専従スタッフ以外禁止されています。
  • 作品にお手を触れないでください。
  • スタッフの指示には従って下さい。
  • COVID-19の防疫措置を実施します。
    • ご入場時はマスクをして下さい。
    • 検温を実施します。
    • アルコール消毒を適宜ご利用下さい。
    • 体調不良時は入場をご遠慮願います。
    • 場内では大声での会話はご遠慮下さい。
    • スタッフへの声掛けは最小限にして下さい。
    • テーブルと椅子の配置数を減らし、距離をとっております。

投稿者: 松里 鳳煌

Calligrapher,Novelist,DTP Worker,Type Face Designer. YATAIKI representative. HOKO-KAI representative. Vice president TAIEI-KAI association. GEIMON-KAI members.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください