半紙のブックカバー

本屋さんが町から消え、図書館を再び利用するようになった私です。気に入った本やまた読みたい本をネットで購入。実用書系なら電子本に。本屋さんと同時に減ったのは「ブックカバー」も。新刊であれ古本であれついてませんのでね。かといって本革ブックカバー等はサイズが微妙にマッチしないことも少なくなく個人的にはあの余り加減が妙に気になる。あ~懐かしや本屋のブックカバー。

稽古で使った半紙の反故を使ってみては?

(乾いてからね)

半紙の反故をブックカバーに!表は本の外側になるようにする。(写真は逆)

ブックカバーには比較的入手する機会が多い文庫本や新書判なら半紙の大きさは丁度いい。自分が読まなくなった際に古本屋さんに託す際も気持ちよく送り出せます。

(写真は新書判、これがベストサイズ)

本の表紙が微妙に透けます。反故は完全に乾いたものを使用。

こんな感じです。ご覧のように微妙に透けて見えますし、ちょっと皺ってますが和紙のブックカバーですよ。完全に乾いていれば手についたりしません。裏を内側に表を外側にします。下処理したりフィルムを貼れば尚更ブックカバーっぽくなるのでしょうが、ちょっと手間なのでパス。(´∀`)

投稿者: MATSUZATO Hoko

Calligrapher,Novelist,DTP Worker,Type Face Designer. YATAIKI representative. HOKO-KAI representative. Vice president TAIEI-KAI association. GEIMON-KAI members.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA